パプアニューギニア ウルヤAX 200g
5fa24d258a4572271621ad89 5fa24d258a4572271621ad89 5fa24d258a4572271621ad89

2020/11/25 23:00 まで販売

パプアニューギニア ウルヤAX 200g

¥1,145 税込

送料についてはこちら

販売終了しました

地域:ウルヤ地域 標高:1,500~1,600m 栽培品種:ティピカ・アルーシャ 精製方法:ウォッシュド 急な山の斜面や自然林に取り囲まれたウェストハイランド州ワギバレーは、コーヒーの一大主要産地として知られています。このコーヒー豆が生産されているウルヤ地域は標高1,500-1,600mに位置しています。 ウェットミルとは、コーヒーチェリーの果肉を除去して外皮がついた状態の豆(パーチメント)にする工程のことを言います。 ウルヤウェットミルでは、収穫されたチェリーは、果肉を除去された後、ヌメヌメのついたパーチメントを第一醗酵槽に24時間、それから第二醗酵槽にて24時間浸水させ、その後、第三発酵槽にてさらに24時間置きます。(トリプルファーメンテーションプロセス)その後、水洗処理をしてツルツルのパーチメントに仕上げ、パティオと呼ばれる広場に運ばれ天日乾燥させます。 パイナップルやチェリー、マンゴーのようなフルーティーな香りと明るい酸味がありジューシーな甘みが感じられます。